未分類

姉との練習④

投稿日:

久しぶりになるが、

姉とカウンセリング風の対話を続けていたことを書きたいと思う。

昨年夏からおおむね、1〜2週間に1回のペースで電話で話していた。

姉の病気による体の痛みは一進一退。

治ることのない難病で、痛みも朝から夜まで続く。

そんな姉が精神的に追い込まれて

万が一ことがあってはいけないとの危機感を私が持ち

定期的に電話で話すことを提案してのことだった。

今日話してくれたのは最近の心境。

結局この1年、病気も治らないし、痛みも同じように続いているが

自分自身が変わったのではないかということだった。

なかなか確定診断が難しい病気ゆえ、

診断がついたのは、痛み出して1年以上も経ってのことだった。

それがちょうど去年の今頃。

診断がついた時、これで病気が治ると期待し

入院した時もこれでよくなると期待し

実家に長期帰省した時もこの環境で良くなると期待し

鍼治療、健康食品、ヨガ、瞑想・・・

そのようなものに対しても良くなることを期待した。

それでも、それらの効果は一時的なものであり、

治ることはおろか、改善に向かうこともなかった。

痛みには波があり、強い時には気が狂いそうになるほどだった。

痛みで頭がいっぱいの毎日では

よけいなことにエネルギーを使うことができなくなった。

よけいなこと、とは姉に言わせれば大して大切ではないもの。

誰がどんなことをしている、とか、何を言われるとか

家事の度を超えたこだわりとか

趣味以上の手間暇かけた小物作りとか。

これまで、あれもこれも気になっていたものが

痛みによって、どんどんどうでもよくなっていき、

大切なものだけを大事にできればいいというスタンスになった。

大切なものとは、自分が気分良く過ごせるための家事や

家族との何気ない時間である。

姉が続ける。

痛みは無いにこしたことはないが、

どうやら無くなることはないらしいとわかった。

そのうち、痛みを自分の一部とし

人生の伴走者として一緒に歩んでいくもの、と

考えられるようになっていった。

それは、期待が何度も何度も打ち砕かれ、

やっぱり治るものではないと実感したことから思うようになった境地のようだ。

痛みを無くしたい。そんな思いになるのは当然のことだ。

だけど、自分から排除しようとどんなに試みても一向に無くなることはない。

絶望するような気持ちにもなる。

当初は、痛みがあるとそれだけで自分の気持ちも余裕がなくなり、

身動きが取れなかった。

しかし、この頃は、痛みは同じでも自分の感じ方が変わっている。

痛みがありながらも、できることを少しでもやれるようになった。

それは自分自身が痛みより大きくなったからだと思うと話してくれた。

私は深く頷きながら、

あまりの痛みに自暴自棄になって死んでしまおうかと思うのを

踏みとどめていたのは何かをたずねた。

すると

これで自分を失くしてしまうのはもったいない

という思いとのことだった。

小さな子どもがいるから、

子供のために死ねないと思うのが普通かもしれないけど、

生きるのは本当のところは自分のため。

こんな病気で自分の人生をなくしてしまうのはもったいない。

そんな思いで踏みとどまっていたとのこと。

誰かのために生きる、というのは依存であって

自分のために生きるという選択をしないと

自分の人生を生きていくことができないと、姉が言った。

何もかも、その通り。

決して歓迎できるはずのない病気や

痛みという辛くて不快なもの。

だけど、姉自身がそれらの困難よりも器が大きくなって

それらと共に生きていこうとする境地にいつの間にかなっていた。

人生においては

無くならない障害、消え去ることのない傷。

体にも、心にも、どうにもならないものがついてしまうことがある。

自分の意思とは関係なく。

私自身、現実面においてネガティブに心が疼く時、

過去にできた心の傷を再認識し、なんとか癒やし切ることができないかと

そこに囚われてばかりいた。

だが、その傷も自分の一部であり、人生を共にする伴走者。

そう思える人間になることが、もしかしたら

本当に目指す境地なのではないかと考えさせられた。

病気になり、弱った姉を助けたい。

そんな思いから始めたこのカウンセリング練習会だったが

姉の数々の言葉に感動するとともに

私の方が姉に助けられ、学ばせてもらっていたことに気づいた。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

あなたにある力

カウンセラーはクライエントより優れているわけではありません 立場が上なわけでも、 クライエントの困りごとを解決する力があるわけでもありません。 ですが、あなたのいのちには、あなたを救う力があります。 …

no image

カウンセリング学習の目的

誰かの話しを聞かせてもらうとき、カウンセリングのスキルや知識はどの程度必要なのだろうか。 スキルや知識の有無が影響するのだろうか。 特にさまざまな悩みや気持ちを聞いてほしいと願っている人が、話せてよか …

no image

元同僚との会話

先日、元の職場の同僚と電話で話した。 彼女はもともと、あまりお喋りの方ではない。 だが、彼女の方から話しを聞いてほしいと言ってくるくらいだから なにかよっぽどのことなのだろうと思った。 職場で彼女が抱 …

no image

姉との練習②

「私はカウンセリングの学習をしてないからちゃんと聞けないよ」 という姉に「うんうん」と頷いて聞いてくれればいいから、とざっくり伝えて 二人の練習が週に一度のペースで始まりました。 姉の「うんうん」には …

no image

姉との練習①〜始めたきっかけ

姉とは住んでいる場所も遠く、これまでも日常的にいろいろなやりとりをしていたわけではなかった。 せいぜいお盆やお正月に会った時に話すくらいか。 姉は夫と子供とがいるし、私は独身で仕事をしているので、それ …