未分類

人形から人間へ

投稿日:2020年10月22日 更新日:

私はこれまで人間の形をした人形だった。

人形は、自分の意思を持たない。

時に可愛がられ、時に放って置かれる。

それは、相手の都合や気分次第。

相手に可愛がられるように自分を演出したり、

相手の言いなりになることで自分の居場所を守る。

いや居場所を守るために言いなりになることを受け入れてきたことが

私の生き方だった。

自分のエネルギーを爆発させてでも人間になろうとする意思を持っていなかった。

安心より不安の方が多かったから。

そちらの方が楽だから。

自立ではなく依存。

指示されたように動けば、それで安全が守られると感じられた。

疑問を持つことはなかった。思考を持つこともなかった。

いや、正確には持つこともあったと思う。

疑問や考えなど言うと嫌がる言葉から、自分の安全が脅かされると感じ、いつしか持たないのが当たり前になっていた。

不安が嫌だから。怖いから。避けたいから。

子供のころ、いとこが遊びに来ていた。

母がお菓子や飲み物を勧めると

「いや、おばちゃん、いらないわ」と断っていた。

私はそれを見てギョッとした。

私には母の勧めたものを断るなんてことできなかった。

そんな強さはなかった。

このような感覚がしっかり体に染み込んで

指示という強制力なし

動けなくなっていた。

それが私の製造過程だ。

もう人生の半ばを過ぎてはいるが、せめて人間として自分をこの世に放てた実感を持って人生を終えたい。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

姉との練習③

姉には旦那さまがいる。 とても実直で真面目なご主人で、姉は良い人と結婚したなと思っていた。 ところが、そのご主人が、病気のことを全く理解してくれない、と 電話練習の当初、姉が嘆くことがたびたびあった。 …

no image

姉との練習①〜始めたきっかけ

姉とは住んでいる場所も遠く、これまでも日常的にいろいろなやりとりをしていたわけではなかった。 せいぜいお盆やお正月に会った時に話すくらいか。 姉は夫と子供とがいるし、私は独身で仕事をしているので、それ …

no image

自分への寄り添い

”相手に寄り添う力を育む”という 副タイトルをつけていますが、 同時並行で”自分に寄り添う力を育む”こともしなくては 相手に寄り添うことは出来にくくなります。 ただ、それもなかなか大変なことで どうし …

no image

カウンセリング学習の目的

誰かの話しを聞かせてもらうとき、カウンセリングのスキルや知識はどの程度必要なのだろうか。 スキルや知識の有無が影響するのだろうか。 特にさまざまな悩みや気持ちを聞いてほしいと願っている人が、話せてよか …

no image

姉との練習④

久しぶりになるが、 姉とカウンセリング風の対話を続けていたことを書きたいと思う。 昨年夏からおおむね、1〜2週間に1回のペースで電話で話していた。 姉の病気による体の痛みは一進一退。 治ることのない難 …