看護師が自分のために決断をする勇気を持つには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
country-871445_640

先日、看護師の後輩が
勤務先を変わると
連絡をくれました。

 

 

今の病院が決して嫌なわけではなく
自分が希望する職務内容に近いところが、
求人をしていたためとのことでした。

 

 

その移動先は
新規の事業にチャレンジするのですが

 

 

 

もしその話を他者が聞いたら
賛同しかねる部分も
あるかもしれません。

 

 

 

しかし、自分自身で
そこに向かいたいと意志を固め
勇気を出して決断した彼女を
私は応援したいと思いました。
たとえ苦労することになったとしてもです。

 

 

 

ただでさえ決断や変化は
なかなか踏み切れない場合が
多いものです。

 

 

 

 

まして、看護の職場は
慢性的に人手不足なので
自分が辞めてしまったら
ますます大変になるのではないか
と思ってしまうこともあり
より一層決断をしにくくなります。

 

 

 

動くに動けず
辞めるに辞められず
身動きの取れない人が
たくさんいます。

 

 

その後輩は
職場が嫌で辞める
というのではありませんが

 

 
自分に変化を起こそうとすることは
どんな人にも勇気がいることだと思います。
そこに私には素晴しさを感じるのです。

 

 

 

これからやっていきたいことを
自分にしっかりと持った上での決断は
結果がどのようなものになったとしても
必ず成長につながることでしょう。

 

 

 

一方で、ある知り合いの看護師で
入ってはみたものの
どうしてもその職場環境に合わないと
短期間で辞めた方がいます。

 

 

 

それも実は私は
素晴らしい決断だと思いました。

 

 

 

もちろん
その方の人柄、考え方、
そういう部分がしっかりしていることが
わかっているので
そのように言うのですが

 

 

 

自己犠牲があまりにも多い
看護の職場において

 

 

「自分を大事にできる」
ということを
私はことのほか大切に思うのです。

 

 

 

短期間で辞めるということは
客観的に見ても
その職場には迷惑をかけることに
なったかもしれないでしょう。

 

 

 

 

ですが、そうであったとしてもやはり
その職場の環境や
根付いている組織文化・風土の中では

 

 

 

自分を抑えたり犠牲にしなければ務まらない。
そう感じた時に
自分でどんな行動を選べるかです。

 

 

 

辞める決断をした彼女は
周囲に迷惑をかけてしまったと
心が痛む思いは相当したことでしょう。
それも当然、引き受けた上で
自分のために行動したのです。

 

 

 

できれば
十分職場を知ってから入ることが
理想だとは思いますが

 

 

 

十分検討したとしても
全てを知るには限界があるので
入ってみないとわからないことも
たくさんあります。

 

 

 

私の経験や他の人の話しでも、
入ってまもなくすると
その病院や病棟、
職場の雰囲気が

 

 

 

自分に合っているか
合っていないか
頑張れそうか
頑張っても自分には難しいか
ということを感じてくるものです。

 

 

 

頑張るのも、身を移すのも
どちらも自己選択ではあります。

 

 

 

ですが

「自分を犠牲にしない」
「自分を大切にする」
のキーワードを
看護職の人には特に
声を大にして言いたいです。

 

 

そのためにも
自分は何を大事に思い
どんな価値観で働いているのかなど
自分を知っておくこと。

 

 

 

その上でその職場で自分を活かせるかが
大事だと思います。

 

 

 

あるいは入ってからでも

その職場で自分が得たいもの
目標としたいことをしっかり持つ。

 

そこも、自分をすり減らすのとは
違った意味での
頑張れる理由になると思います。
主体的な目標があると
頑張る力につながるからです。

 

 

 

勤務の条件、待遇
給料、手当ての額
家からの通いやすさ

 

 

 

それらももちろん
外せないものですが

 

 

 

そちらを優先して
自己犠牲や自分の本意ではない
毎日を続けた蓄積は

 

 

 

身体か心か
何等かの形で
表れてきやすくなってしまいます。

 

 

 

自分がやりたいことに対して
自分がやりたくないことに対して
周りではなく自分を中心に考え
勇気を出して決断をする。

 

 
2人の看護師から
私も勇気をもらった気持ちになりました。

 

 

 

 


 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る