看護師としてより充実して働くためには 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
seagulls-439118_640

1,2で、書いてきたことを
ざっと振り返りますと

 

就職した当初は
テキパキした看護師に憧れ
そうできていたつもりでしたが

 

 

 

それはただの業務の慣れでしか
なかったこと

 

 

 

 

本当の意味で
患者さんの力になり
患者さんの人生に
寄り添わせてもらうためには
自分で考える力を養うこと

 

 

 

 

その力があることで
医師(や多職種)との協働がうまくいき
患者さん全体を支える
より良い医療を提供できること

 

 

 

 

またその力をつけるためには
自分が主体的に
行うことが大切であること

 

 

 

 

主体性とは人間の本質であり
本質通りに自分が動いていくと
自分が生き生きとし

 

 

 

 

看護もより創造的になり
一人ひとりに合った看護の展開が
できるようになること

 

 

 

 

それが自分の適性に合う
領域であれば、
無理なく自分の力が発揮しやすいこと
などを書きました。

 

 

 

 

このように仕事に向き合っていきますと
自分自身が
大変充実するものとなりますし、

 

 

 

 

患者さんやご家族に
大変喜ばれる
看護ができるに違いないでしょう。

 

 

 

 

「あなたに会えてよかった」
と患者さんからも思われ

 

 

 

 

自分自身も
「看護師になってよかった」
と思える仕事ができるのです。

 

 

 

 

私自身は
これらに気づくのに
かなり時間がかかり

 

 
適性探しにも
時間がかかりましたが

 

 

 

 

時間がかかった分、
仕事によって
様々なことに
気付かせてもらった
ということでもあります。

 

 

 

 

受け身でやっているにも関わらず
仕事ができていると
勘違いしてしまったり

 

 
この仕事が
合っていないのではないかと
落ち込んだり

 

 

 

その時々で傲慢だったり
自己否定してしまう自分に気づき
成長させてもらったのだと
思います。

 

 

 

 

成長する時には
経験という
外からの刺激により

 

 
感情が動き、
思いを巡らせ
何かに気付き
変化していく、という

 

 
一連の自分の
内側の動きを
体験しますから

 

 

 

 

それらをよく味わい
自分のものにしていくと、
患者さんへの看護に
還元できるものとなります。

 

 

 

 

目をそらしてしまうと
せっかくの体験も
自分の糧となりにくくなります。
もったいないことです。

 

 

 

 

患者さんにとって
病気や怪我は人生において

 

 
思わぬ事態であったり
理不尽な経験であったり
不安や孤独な思いを
呼び起こしたりするわけですから

 

 

 

 

患者さんに寄り添える
看護師になるためにも

 

 

 

 

そのような自分の体験は
知識以上に
必要なことだろうと思います。

 

 

看護師として必要だった。
そして
自分の成長のためにも必要だった。

 

 

 

そう思えば
どの道を通っても
自分を肯定できるものとなります。

 

 

 

 

最後になりますが
看護師という仕事が
人生においてどのような
位置づけにあるかということも
考えるといいと思います。

 

 

 

 

看護師は誇りを持てる
専門職ではありますが

 

 
必ずしも私は
人生の一番大事な
位置づけになるとも

 

 
辞めずに働くべきとも
思っているわけではありません。

 

 

 

人生の
ある一時期においてだけ
することもあるでしょうし

 

 
生活の糧として続ける場合も
もちろんあると思うのです。

 

 

 

 

私自身も今は
カウンセラーナースとして
カウンセリング活動が主体であり
現場の前線にはいないわけです。

 

 

 

 

緩和ケアに進みたい
進学したい
カウンセリングを学び活かしたいなど

 

 

 

その時々での
目標はありましたが

 

 
それは山を登る時の
目印のようなものであり

 

 

 

自分の人生において
何が生きる目的なのか
大きな視野に立つことを
ぜひおすすめしたいと思います。

 

 

 

私自身は
看護師という職種の中だけで
ずっとグルグル考えて
大きな視野に立てなかったのですが

 

 

 

 

職場の閉鎖をきっかけに
セミナーやワークやセラピーなど
いくつかの機会を得て
自分の人生の目的を
考えていきました。

 

 

 

 

それを考えた時に
自分の生きる目的に沿った
仕事や生き方を
していけばいいと思いました。

 

 

 

生きる目的を掴んでいることは
自分の大きな支えや力になります。
囚われからも自由になります。

 

 

 

看護師をしていると
目の前のことに疲弊し
自分を見失いがちになります。

 

 

 

あまりにも忙しい環境の中で
身動きが取れなくなってしまいます。

 

 

 

ですが自分の人生です。
その職場のために
あなたの人生があるのではありません。

 

 

 

仕事に翻弄されるのではなく
自分の人生の何かの目的ために
この仕事がある。
看護師として働いている。

 

 

そう思え、
仕事にも自分の人生にも

主体的に生き生きと取り組める
看護師が増えることを
私は願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る