「私」と「あなた」の区別が曖昧だとどうなるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
adventure-842584_640

私とあなたは同じでない、ということが
しっかりと自分に刻み込まれていないとどうなるか。

 

ある日のカウンセリング研修会でのことです。
お互いの話をしっかりと聞き合う研修です。

なのですが


ある方が語ったことを聞いた人が
「そうそうわかるよ、私もね…」と
いつの間にか自分の似たような経験を
途中から話していきました。

 

 

すると、話した方は

 

 

「あー、話を持っていかれちゃった…」
と思ってがっかりしてしまいました。

 

 

また、別の方が話された後
「あなたの話を聞きながら
自分の過去の経験と照らし合わせていました」と、
誰かが正直に言いました。

 

 

正直なのは良かったのですが、
話した方は

 

 

「なんだ、私のこと考えくれてたわけじゃなかったんだ。寂しいなぁ」
という気持ちになったそうです。

 

他者の話を聞きながら
自分に引き当てることは、
日常会話ではよくあることです。

 

 

でも、
自分の話をちゃんと聞いてくれてないと
相手が思うと、
口には出さなくとも、
がっかりしたり、寂しい思いになったりもするものです。

 

 

特に、深刻な思いを話して下さっている時は
なお気を付けなければいけません。

 

 

自分自身に仮に近い体験があったとしても、
相手の固有の、
自分とは全く異なる体験です。

 

聞く側の「自分」が
顔を出してしまったら、
本当の意味で相手の話を聞けなくなります。

 

 

だからこそ、「私」と「あなた」は同じではない、と心に刻み、
同じでないからこそ、相手の言葉をしっかりと、
そのままに聞かせてもらうことが大切です。

 

またそれは、かけがえのない、
唯一無二の相手を尊重することでもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る