未分類

元同僚との会話

投稿日:2020年10月27日 更新日:

先日、元の職場の同僚と電話で話した。

彼女はもともと、あまりお喋りの方ではない。

だが、彼女の方から話しを聞いてほしいと言ってくるくらいだから

なにかよっぽどのことなのだろうと思った。

職場で彼女が抱える悩みは、聞かせてもらっている私にも

とてもリンクするような内容だった。

ところで、気のおけない人との会話であればあるほど

聞きながら同調めいた思いや自分との比較など

自分のところが出てきやすい。

それが自然だ。

すると、いつまでもいわゆる「お喋り」が続くこととなる。

それはそれで楽しいのだが

あえて、あまり自分から話しを聞いてほしいと言ってくる同僚ではないため

よほどのことがあるのだろうと

私は彼女の言葉に耳を傾け続けた。

彼女が抱えていたのは

他人がどうとか職場がどうとかいうことではなく

自分自身に対することだ。

誰からも責められることもなく、プレッシャーをかけられることもない。

周囲の人たちは極めて彼女に対し温かい。

でも、中堅として本来ならもっと活躍しなければならないはずなのに

それができない自分に対するふがいなさなどだった。

他にも彼女の人生観など深い部分にも触れて話してくれた。

どうしてこの仕事に就いたのか、なぜその分野を目指したのかには

彼女の生き方、考え方、人生への関心、そのようなものが総動員されていた。

私は、彼女の言葉で大切だな、と自分に感じられるところを

できるだけ同じ言葉で伝え返しながら聞かせてもらっていた。

途中で彼女が涙する場面もあった。

翌日、夜に彼女から思いがけずメールが届いた。

「今日は気持ちが軽く職場に行けました」

わぁ、よかった。

決して答えが見つかったわけでも

次にどうしたらいいか、わかったわけでもなかった。

ただただ、彼女自身を話してくれただけだった。

なのに、彼女の心が軽く職場に行けたなんて。

だから私にとって「思いがけず」だったのだ。

不思議ではあるが、不思議ではない、ともいえる。

人は思いを話せて手放せる時、

もともとその人に宿されていた力が蘇ってくるものだからだ。

教えてくれて

私も改めて嬉しくなった。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

姉との練習①〜始めたきっかけ

姉とは住んでいる場所も遠く、これまでも日常的にいろいろなやりとりをしていたわけではなかった。 せいぜいお盆やお正月に会った時に話すくらいか。 姉は夫と子供とがいるし、私は独身で仕事をしているので、それ …

no image

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

no image

姉との練習③

姉には旦那さまがいる。 とても実直で真面目なご主人で、姉は良い人と結婚したなと思っていた。 ところが、そのご主人が、病気のことを全く理解してくれない、と 電話練習の当初、姉が嘆くことがたびたびあった。 …

no image

あなたにある力

カウンセラーはクライエントより優れているわけではありません 立場が上なわけでも、 クライエントの困りごとを解決する力があるわけでもありません。 ですが、あなたのいのちには、あなたを救う力があります。 …

no image

姉との練習②

「私はカウンセリングの学習をしてないからちゃんと聞けないよ」 という姉に「うんうん」と頷いて聞いてくれればいいから、とざっくり伝えて 二人の練習が週に一度のペースで始まりました。 姉の「うんうん」には …